ジェビトラはレビトラのジェネリックです。効果、副作用は同じですが150~300円程度で購入できます。通販でのみ販売されています。

ED治療薬は通販が大特価

ジェビトラの効果、副作用

ジェビトラの効果

ジェビトラの効果

ジェビトラはレビトラジェネリックです。有効成分も同じくバルデナフィル塩酸塩を使用しています。レビトラ同様、水に溶けやすい性質のため効き目が早くて15分ほどで現われ、非常に即効性に優れている薬となります。副作用、安全性などもレビトラと同じですので安心して服用ができます。

ジェビトラは20mg、40mg、60mgと3種類にわかれています。用量によって持続時間も異なり、20mgは10時間、40mgは12時間、60mgは16時間の効果を得る事ができるとされています。価格も用量によって異なりますが、150円から300円程度になっています。レビトラの10分の1程度の価格のため、非常に購入しやすいお薬です。これはたくさんのジェネリックの中でも特に安く、価格でED治療を諦めていた方には一番にお勧めしたいお薬です。

食事の影響も受け難いため、服用のタイミングを考える煩わしさがありません。レビトラは使い勝手のいい薬として大変人気になっていますが、さらに価格が安いジェビトラであれば気軽に服用できますし、いつでも常備しておけば、もしもの時も慌てる事がありません。

ピルカッター

たたし、ジェビトラは体型の大きい欧米人向けに作られたお薬です。日本人は20mgで十分とされており、40mg、60mgでは効き目や副作用が強くなってしまう危険があります。初めて服用する方は20mgから服用しましょう。40mg、60mgをピルカッターなどで服用しても問題ありません。そうすれば費用もさらに安くなります。20mgで効果がなければ用量を増やしましょう。なお、レビトラは糖尿病の方に最も効果のあるED治療薬とされていますが、レビトラやジェビトラの20mgで効果がなければジェビトラの40mg、60mgであれば効果が得られる場合も多くあります。効果を実感できない方は試してみましょう。

ジェビトラの副作用

ジェビトラの副作用は、レビトラと同様になります。バイアグラよりも少ないとされていますが、顔のほてり、目の充血、めまい、頭痛、動悸、鼻づまりなどです。40mg、60mgは効果が強い分、副作用も強いとされています。初めて服用する場合は20mgから服用しましょう。ジェビトラに限らず、ED治療薬は正しく服用すれば重篤な副作用は起こらないとされています。副作用も効果が切れれば消失し、その後体内に残留するという事はありません。ただしもしも副作用が長引いたり、症状が酷い場合はすぐに医師に相談しましょう。

ジェビトラの飲み方

ジェビトラの飲み方

ジェビトラは1日1回、水やぬるま湯で服用します。次に服用する際は24時間以上あけてからにします。決められた用量をはるかに超えて服用してしまい死亡してまった事故もありますので、強い効果を得たいからと言ってたくさん服用するような事は絶対にやめましょう。ジェビトラは即効性がありますので、30分ほど前に服用します。

食後やお酒を飲んだ後に服用しても殆ど影響がないとされていますが、700kcalくらいまでにしましょう。なお、脂質の多い食事は控えた方がいいようです。食事の影響を受け難いと言っても、全く受けないというわけではありません。体内に吸収されにくくなり、効果が弱かったり、効き目が出るのが若干遅くなる場合もあります。早くより強い効果を得たい場合は、やはり空腹時の服用がお勧めです。

ジェビトラの価格

ジェビトラの価格は150円から300円程度程度です。これだけでもレビトラの10分の1程度なので驚異的な価格ですが、さらに費用を安くする方法があります。ジェビトラは20mg、40mg、60mgがありますが、日本人は一般的に20mgで十分な効果を得られると言われています。20mgはおよそ150円前後です。さらに安く購入するには、40mgか60mgを購入し、ピルカッターなどで半分、または4分の1にカットして服用します。40mgは200円前後、60mgは230円前後です。60mgを4分の1にカットし、それで十分な効果が得られれば、1回60円以下という破格になります。これはED治療薬の中でも最安値です。何よりも値段を重視するという方は、このような利用方法がお勧めです。

ジェビトラを通販で購入する方法

ジェビトラを通販で購入する方法

ジェビトラは海外のお薬なので、日本では販売されていません。購入するには通販を利用して購入します。個人輸入代行業者を利用する事になりますが、輸入といっても難しい事はありません。すべて日本語表記になっていますし、スタッフも殆どが日本人なので不明点があれば日本語で対応してくれます。購入方法も一般的な通販と同じです。ただし海外からの発送ですので10日前後の時間がかかります。

また、中には偽物を販売している悪質なサイトもあります。個人輸入代行業者から薬を購入するのは違法ではありませんが、すべて自己責任です。偽物を服用して死亡してしまった例もあります。極端に安すぎるサイトなどは怪しい可能性が高いので、安易に値段だけで選ばず、口コミなどを参考にして信用できるサイトを選ぶ事が大切です。